日本のイタリアン

日本のイタリアン

日本料理に比べて油を沢山使うイタリア料理は、決してヘルシーとは言い難い面をもっていますが、それでもほかの国の料理、たとえば、インド料理や中華料理の本当に油で一杯の料理法を考えると、かなりヘルシーです。

 

 

 

それはやはりハーブを沢山使うこと、そして季節の野菜、魚介類などを沢山お料理につかうところでしょうか。とくに日本の食習慣と似ているところがあるので、日本人の口にあうのか、大都市圏だけではなく、かなりイタリア料理はどの地方にもあります。

 

 

 

小さな街にもわりに昔ながらの洋食屋さんと、ちょっとこじゃれたイタリアンがあることが多いものです。しかも大規模な石窯があって、本格ピザを食べることができるのもいいですね。日本人の味覚に合い、なおかつパスタやピザ生地へのこだわりなども結構、似ているところがあります。

 

 

 

そしてシーフード使いは言うに及びません。基本的に、日本人は炭水化物が好きで、ご飯、パン、麺類などで、あまり西洋諸国に比べて、動物性脂肪などを取ることは少ないですが、その部分も日本でパスタ、リゾット、ピザが人気の秘訣のような気がします。

 

 

 

パスタのサイドにパン、というダブル炭水化物状態を喜ぶのは日本ならではでしょう。ほかの国では、よりお肉がはいったミートボールパスタとか、よりメインディッシュに目が向いているのですが、日本人がイタリアン食べたいね、というときはパスタ、ピザ、もしくはリゾットを食べたいというのと同義のような気がしますね。