東京のイタリアン

東京のイタリアン

東京のイタリアンでは、リストランテ、トラットリア、ピッツェリアなどに分けられています。商業ビルにはいったイタリア直輸入の素材をつかったかなりの有名、高級イタリアンから、東京には比較的多い街中にある店舗でやっている個人店のトラットリア。そして東京とその他大都市中心にある手づくりピッツェリアなどのピザ専門店。

 

 

 

こうしたピザ屋さんは郊外などにもある場合があり、店舗が広ければ、それだけ大きな石窯を置くこともできます。それぞれに競争が激しいところに出店しているし、だいたいが家賃を払ってテナントとして入っているので、それなりに繁盛している必要があります。

 

 

 

そうでないと廃業という厳しい世界です。こだわりの材料を多少は使ったとしても、イタリアンは他の料理に比べて比較的原価のコストが安いので、特別な食材、また新鮮な魚が手に入らないと商売にならない和食に比べたらずっとリーズナブルな値段で料理を提供することができます。

 

 

 

また若い方から年輩の方まで人気が幅広いので、固定客がつきやすく、お店の看板メニューがあれば、口コミでお客さんが集まってきます。

 

 

 

夜は食事よりもバールタイプにすれば、より気軽な形で立ち寄ってもらうことが出来ますし、しっかりしたお料理とともにお酒が飲めるところが人気のお店ももちろんあります。

 

 

 

それぞれの専門店がありますから、漠然とイタリアンではなく、どんなイタリアンを食べたいのかをはっきりすれば、お店選びは簡単です。