東京近郊でいつもと違うイタリアンを

東京近郊でいつもと違うイタリアンを

日本人がイタリア料理と聞くと、多くの人がトマトやバジル、モッツァレラチーズなどを使ったパスタやピザを思い浮かべるでしょう。実はこういった食材が多く使われているのは温暖な機構が特徴の南イタリア地方なんですね。ピザで有名なナポリやレモンで有名なシチリアがこれに該当します。

 

 

 

ではローマやミラノやベネチアは?と思う人もいるでしょう。ローマやミラノ、ベネチアなど南北に長い地形のイタリアでは、その地域によって料理も様々な形に変化してきました。まずはローマ。イタリアでも多くの観光客が訪れるようになったローマですが、料理の特徴としては割と質素なものが多く、素朴な煮込み料理が多いのが特徴的です。

 

いっぱいあって迷いますが赤坂見附 居酒屋はおすすめです。

 

ミラノでは、やはり多くの料理にチーズが使われていますが、割とあっさりとしたものが多くフレッシュチーズを使っている料理が多いのが特徴的ですね。水の都と呼ばれるベネチアでは、魚介類を使った料理が多く、日本でもよく目にするイカスミのパスタもベネチアで生まれました。

 

 

 

またイタリアのドルチェで有名なマスカルポーネチーズを使ったティラミスベネチアで生まれたものです。この様に一言でイタリア料理と言っても地方によって使われる素材や調理法などが随分と異なり、人によって好みも様々なのではないでしょうか。

 

私の行きつけは渋谷 二次会パーティーです。

 

味つけを例にしてみると、イタリアでは北に行けばいくほど生クリームやバターを使った料理が多く見られ、味つけも濃いものが多くなります。この反対に南に行けば行くほど、あっさりとした味つけでオリーブオイルなどが使われる料理が多くなるのです。

 

ここの横浜 個室 居酒屋はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

東京近郊でも多くのイタリアンレストランが立ち並んでいますが、こういった視点でお店選びをするのも良いのではないでしょうか。いつもとは違ったイタリアンを味わうポイントになりますね。