チーズと東京近郊のイタリアンレストラン

チーズと東京近郊のイタリアンレストラン

イタリアンを堪能する上で欠かせないのがチーズの存在ではないでしょうか。チーズと聞くとスイスやオランダなどを思い浮かべますが、イタリアだって負けていないんです。

 

 

 

実はイタリアのチーズは数にして300から400もの種類があると言われていて、南北に長いイタリアの各地で様々な製法や素材によって作られてきました。だからこそイタリアのどの地方でも食というものにはチーズが欠かせないものとなっているんですね。

 

 

 

最もポピュラーなイタリア生まれのチーズと言えば、パルミジャーノ・レッジャーノでしょう。牛乳を原料として作られ、2年以上の熟成期間を必要とします。パスタにかけたり、リゾットにかけたり、チーズおろし器を使って削るのを見たことはありませんか?とても硬質のチーズになります。これとは対照的に熟成期間がとても短いものがモッツァレラチーズです。水牛の乳から作られ、ピザなどに乗せたりカプレーゼなどにはなくてはならないチーズです。

 

北新地 バー

 

またトスカーナ地方を中心によく使われているのが、羊の乳を原料として作られるペコリーノチーズですね。ドルチェに使用するチーズもあります。有名なのがティラミスに使われるマスカルポーネチーズでしょう。乳脂肪分80パーセントの濃厚なチーズで、ティラミスにはこのチーズが必要不可欠です。

 

http://www.hotpepper.jp/strJ000012756/

 

このようにイタリア生まれのチーズはこの他にもおおくあり東京近郊のイタリアンレストランではこだわりのチーズを使った料理を提供している所がたくさんあるので、気になるチーズがある場合には訪ねてみてはいかがでしょうか。