味が命

味が命

飲食店を開業する上で成功させられるかそうでないかは味です。

 

大げさに言えば、どんなに立地条件が悪くてもその飲食店で提供される料理が美味しければ、お客さんは必ず来ます。

 

勿論味以外にも値段やスタッフの対応など、様々な要因が重なって飲食店は成功するのですが、やはり味が良ければ他の要因が少し良くなくてもカバーされるのです。

 

そのためには料理を美味しく作るためのバイブル本が必要です。

 

一つ一つの素材の生い立ちを知ることが出来る本。同じ食材であっても、取れる地域によって味が違います。

 

どの産地の食材がどういう調理で合うか、などを細かく知る必要があります。それを自分でメモすることによってより美味しい食事を作る事が出来るのです。

 

そのメモこそが開業した飲食店を成功させる大切な教科書です。あるレストランではレシピは金庫に入れて保管して厳重に管理しているほど、大切に扱われているのです。

 

勿論頭の中に入っているかもしれませんが、自分の後継者に頭の中のレシピは教える事出来ませんよね。

 

また疲れているときは、どうしてもしょっぱい味付けになってしまったりします。お客さんには常に同じ味を提供することが何よりも大切です。

 

今日のスパゲティはいつもより柔らかい、今日のスパゲティはいつもより硬い、などとその日によって味などが変わってしまったら困りますよね。

 

そんなお店にはお客さんが来たいなんて思いません。そのためには毎日見なくても良いのですが、メモを置いておくことは重要なのです。

 

飲食店を開業した際には是非メモを作ってバイブルにして下さい。