銀座にオーガニックのお店が多い理由

銀座にオーガニックのお店が多い理由

銀座には有機野菜を使ったオーガニックイタリアンが多い、という話を以前にしたのですが、その理由についてちょっと考えました。
基本的にイタリアンに限らず、お店を構える場合に考える事は、そこに来る人々がどのようなカテゴリーの人なのか、ということだと思います。例えば、渋谷であれば若者の街、秋葉原であれば家電やパソコン好きが集まる街というイメージがあると思います。

 

https://r.gnavi.co.jp/3aufxdd30000/

 

 

 

そのイメージがどうして浸透したかを考える始めると、卵か先か鶏が先かの議論になってしまいますので、ここでは敢て踏み込まず、イメージが出来上がった後にどういうお店を出すか、という段階で話を進めていきたいと思います。

 

 

 

当たり前のようにお店としては、多くの人が訪れるように願っているわけで、できるだけ来てくれそうな人が多い場所に出店するのが良いと考えるはずです。だから、渋谷は渋谷らしいお店が集まり、秋葉原には秋葉原らしいお店が集まるわけです。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389407/

 

銀座といえば、高級な街、洗練された大人の街というイメージだと思っています。若い頃には考えなかった健康志向に目覚める人も多い。そこでオーガニックを売りにした店舗が増えているのではないのでしょうか。