個人店のこだわり

個人店のこだわり

イタリア料理の人気がでてくるに従って、イタリアに修行にいって、本格的なイタリア料理が作れる、というだけではなかなか生き残っていくのは難しい時代になってきているのかもしれません。

 

 

 

東京都内にもちょっと閑静な住宅街、そして落ち着いた街並に気の効いたパン屋さんや、イタリアンが開業することは非常に多いですが、数年でお店が変わってしまったりして、なかなか苦戦を強いられることが多いようです。個人店としては、それなりのこだわりが大事になります。

 

 

 

他のお店となにか別の個性や、このメニューならここが一番というような看板メニューが欲しいものです。美味しいレストランであって、それなりに回っていっていれば、まあまあやっていけないことはないですが、東京のようなイタリアン激戦区ではほどほどではなくて、ここでしか食べられない、という特別感も非常に大事になってくるのでしょう。

 

 

 

個人店のオーナーは、どこか特別なところで修行していたか、イタリアの料理をよく知っている人であることが多いですから、なにかしら他の店との差別化をはかれることを見つけてアピールし続けることが大事です。

 

B/65536

 

マスコミや雑誌で取り上げられても、一時的に流行っても固定客がつかないと仕方がありません。いかに常連さんや周囲の人々を魅了できる料理がつくれるかどうかが最大の焦点になるでしょう。

 

 

 

デザートにこだわっている店、魚介類が美味しいお店でもなんでもいいですから、しっかりと個性をアピールしてみましょう。