目的を考える

目的を考える

イタリアンレストランを選ぶ場合、なにか理由があるのです。今日はおつまみもこってりしたボリュームがあるのがいい、居酒屋でもちょっとお洒落に飲めるところはないか、今日は本当にレストラン仕込みの美味しいパスタが食べたい、または焼きたてのピザが食べたい、和製スパゲティが食べたい、など色々です。

 

 

 

もちろん美味しいワインが飲みたくて、ワインバーとイタリアンの組み合わせを選ぶ場合もあるでしょう。それぞれの顧客がなにを考えてイタリアンレストランに来るか、そしてどんなものがいま世間で流行っていて、それはイタリアンに関したものであるかのリサーチを怠らないで、新たな味やトレンドに挑戦することも大事です。

 

個室なら居酒屋本陣

 

小皿料理を出しているのなら、季節のものを取り入れるとか、新しいメニューまたは日替わりメニューなどの用意などが典型的なことですが、アイディアはお客さんをみているとわかります。

 

渋谷なら貸切

 

適当に美味しいものを食べてすぐに帰りたいのか、またはゆっくりしたいのか、異性をつれてきて、よいムードにもっていきたいのか、それぞれそのお店の特徴があるとそれにつられて客層もついてくるものです。

 

三宮 居酒屋 個室なら禅

 

最近はダイエットブームなのか、食事よりも飲みで、色々な料理を一定の人数でわけて食べるようなスタイルが主流で、食事系のものもおつまみになってしまうことが多いですが、お酒が進むメニューを考えて、よりゲストの希望にあうようにお店作りをしていくことが大事になります。